外人に学ぶ。1年で50組以上の外国人とシェアハウスした僕がまとめた日本のあれこれ。

加茂信志

加茂家にはここ1年、定期的に外人さんが来てくれてます。そこで国籍関係なく旅人たちが語る日本についてのあれこれが一致しているので、ちょいとまとめてみます。主に欧米の人からの意見になります。

 

財布が戻ってくる国、荷物が待っててくれる日本

必ず言われるのが「日本人は親切。日本はso peace(超平和)。」

しょっぱな、ありきたりな話ですみませんね。だけど、この話を興奮しながら話してくる人多いですよ。

旅行者はどの国にいっても、そこの現地の人を親切だとフォーマットされた会話として言いこと多いですが、日本については、社交辞令レベルを超えて「!」ビックリマーク付きで言ってくる高揚感を感じますね。

「財布が戻ってくる国」というタイトルの本が書けると思います。みなさんの中にも落とした財布や、置いてきぼりにした荷物が無事だった。そんな経験をしたことある人も多いのではないでしょうか。ここで断言します。外国でもし財布が戻ってきたら、あなたはマザーテレサ級に普段から奉仕活動をしていたため「自分に帰ってきた奇跡」と思って間違いありません。

 

忍術を操る人たち

東京に行った人がよく言うんですが「電車の中で数秒で眠りに入っていくスキルと、熟睡に入っていくオープンマインドの深さ」に驚きと憧れを持つ人たちがいます。もはやあれはビックリを通り越して、芸に見える人もいる様子。いや、不愉快になった人いると思いますが、マジで彼らは純粋にアンビリーバボーだと思ってますからね。

1車両に何人いるかの相対数にも驚くもんで「あれはどうやっているんだ?会社でトレーニングでも積むのか?」て真顔で聞かれたことも。

僕はやむを得ず「忍術」だと答えています。「ほう。それでは降りる駅になったら自然に目が覚めるアラーム機能も、忍術か?」と追い込んでくるふざけた野郎も。「そうだ忍術だ」と言い返してやります。

 

お肉料理が多くて困る

これは結構意外じゃないですか?

外人さんって肉食うイメージあるかもですがね、あんまり肉を好む人ばかりでもないですよ。欧米は健康的な食カルチャー環境は完全に日本の先を行っていますからね。オーガニック製品の流通やベジタリアンレストランが圧倒的に日本より多いから、日本滞在中の間のご飯に困っている人はもはや、一部の健康マニアと思われる人だけではなく大勢います。

だけど、日本は発酵文化を見直す動きがでてきてるのが、個人的には素晴らしい動きだと思います。加茂の奥様も「菌と仲良く暮らそう」のトライ&エラーを絶賛実行中です。

 

電線がかっこいい!?

意外どころをもう一つ。東京にいた時よく見たのが、彼らがよく立ち止まって写真を撮るのは都会の「空」、ではなく「電線」。僕も海外は10数カ国50都市ぐらい行ってますけど、電線が地面の中にある街は多いです。いわゆる電線クール説は、日本っぽいということなんでしょうね。

僕は道ばたで、ピーマン丸かじりしながら歩いているカナダ人を見た時、新しい形のリスペクトを覚えました。はい。

今地方創生ブームが起きてますけど、田舎をわざわざ、町にしたり、アイドル作ったり、アートを持ってきたり、そんなことはせんでもよかばい!ということです。

「っぽい」ものは、個性の証拠なので面白いんです。

 

年をとるのが楽しい。過去に戻れる?お断りだね。

踏み入った内容のために、すごく仲良くなった頃に聞かれます。そして答えに困ります。「なんで日本人は若い人が好きなんだ?」って。

10代のアイドルや韓流ブーム、JK、JD的な文化のことを言ってます。すみませんね、趣味嗜好に文句をつけるみたいで。

ヨーロピアンなんかは特に、年月や経験から生まれる「深み」を第一の魅力に考えていますから「若い」人に熱を入れる姿が不思議でたまらないんです。これは日本に限らず、アジア全体にこの傾向はありますけどね。みなさんはなんで、アジア人はアイドルとか若手イケメン俳優とかが好きだと思います?

 

僕も島に来てからめっちゃ思うけど、田舎に行った時はおじいちゃん、おばあちゃんと話してみてください。めっちゃ面白いですから。

 

『九島のおすそ分け文化がひと味違う話』

 

僕このブログだけで言うけど、島で「お触り&夜営業なしのじじばばキャバ○○ク○ラ」やったら面白いと思うもん。あー島内でアナログ炎上したらどうしよう。。(●´∀`●)

 

Vol.2 に続く。。

●●●●●●●●●●●●●●●●

加茂信志 Shinji Kamo
FB : https://www.facebook.com/shinji.kamo
twitterhttps://twitter.com/4j_km
ラジオやってます

FMがいや 76.9MHz「九島のカモです。」

毎週木曜30分 朝8時 (再)11時