九島どう?どんな感じ?って聞かれた時、自分で頭がはげない程度に一生懸命考えたものの、考えなくてよいと思った話。

九島 フェリー くるりんウォーク2015

九島ならではの光景@くるりんウォーク2015(島のイベント)

 

この島にいると写真をとにかく撮りたくなりますね。これ今日の昼。

九島 本九島

いつ通っても絵になる通り。

九島 本九島 夕日 箱崎 釣り

 

関東方面からよく聞かれる、悩ましい質問。「九島どう?」「どんな感じ?」

「いいところ!以上」と、よく言っちゃうんですけど。なんと言いますか。

つまりアレがアレでアレだからコレでソレなんだよ。的な。日本語ってとても便利だと思っているのですが。いかがでしょう?

伝わりませんか。あれま。分かりました。

 

僕が特に好きな一覧ざっとまとめです。

「夕日」「サイクリング」「空気感」「日常風景」「軽トラジャングルクルーズ」「漁船クルージング」「海と山の景色」「畑でとれる野菜」「新鮮な魚」「温かく個性的で異常に元気な人たち」

この3倍はかけます。長くなるので書きません。

 

だけどやっぱり、僕にとっては言語化できないアレ「うんちゃらかんちゃら」と視覚化できない「うんちらこんちら」がキーストーンなんです。それで僕は「何となく」を乱発することで有名ですが、やっぱり「何となく」だと思ったのです。

 

旅人たちが過ごす九島の過ごし方

僕が九島に引っ越したのも「何となく」が主たる理由。語弊を生みますが、どこでもよかった。縁があったのが九島。

ただ、縁というスペシャルなパワーに匹敵する理由もなかなかないはず。

 

この島を訪れた旅人たち

九島 外人 

日本語と英語でおばあちゃんと会話をしてたジョニは1泊延長。

九島 外人 旅

九島の風景は何日あっても撮りきれないと言うラルフも1泊延長。  

九島 ワンダイレクション オランダ 養殖 外人

広島→九島→京都。九島以外、四国はどこにも立ち寄ってもいないオランダ人4人組。いわゆる日本の普通の生活が見たかったからだそうで。養殖場体験を楽しむ。

 

当たり前だけど、それぞれの九島での過ごし方は全く違う。

 

各々が積み重ねる、九島の「何か」Something Special

九島 島民 

島民の方と過ごした温かな時間が何よりの思い出と言ってくれたファミリー。

 

島民の方みーんながよく言うのは「何もないけどいいとこやろ?」で

国籍・年代バラバラの旅人たちがよく言うのは「Something Specialがある(何かいいよねがある)」。

それぞれが似たようなことを言うんです。 

 

各々が自分で完成させる九島の「Something Special(特別な何か)」

それをオイラが語る必要はないね。 

九島 夕日

 だから僕は考えるのをやめました。

●●●●●●●●●●●●●●●●●
加茂信志 Shinji Kamo
FB : https://www.facebook.com/shinji.kamo
twitter : https://twitter.com/4j_km

ラジオやってます
FMがいや 76.9MHz「九島のカモです。」
毎週木曜30分 朝8時 (再)11時